​こころの療養に

「ひろんた村」へ

母屋では、うつやストレス障害、依存症などで疲れ、転地療養を考えられている方を受け入れています。

とは言っても、それ専用の医療施設を備えているわけではない「ひろんた村」です。療養のツールはあくまでも普通の暮らし。上五島の山あいの豊かな自然の中で過ごしていただき、農園の軽作業や動物とのふれあい、あるいは母屋での各種加工の作業などを通して精神の回復を図れないかと考えています。

 

「生きづらい」社会でお疲れの方、お気軽にお問合せください。

【利用料】

5,100円/日 (3食つき。食材は、ひろんた村農園のものや加工品が主です)

 

【施設概要】

居室:13.90㎡ 畳部屋 洗面台つき(ベッド希望の場合、ベッドレンタル料が発生します)

入浴:共用(浴槽2 個浴)

トイレ:共用(福祉トイレ1,洋式トイレ1)

スタッフ:看護師1,介護福祉士1,介護士6

 

【島内アクセス】

  • 上五島病院(内科、呼吸器内科、循環器内科、消化器内科、神経内科、腎臓内科、外科、整形外科など18科、186床):車で18分

  • 商業ゾーン(スーパーなど):車で15分

  • 有川港(佐世保からのフェリー・高速船):車で18分

  • 青方港(博多からのフェリー):車で20分

  • 鯛ノ浦港(長崎からの高速船):車で10分

  • 海:車で10分〜(海水浴場や景色の良いところが点在しています)

  • 島内には鍼灸・マッサージなどの治療院も

【ひろんた村での過ごし方】

ひろんた村での日々は、暮らしの基本である「食べる」を中心に、ゆるっと過ごしていただきます。基本的には、朝食7〜8時、昼食12時、夕食6時といったように、良いものを規則正しく食べる。けれど、諸事情でそれが叶わない方は、時間や場所も変えられます。

 

あとは、農園での軽作業(畑で草取りや収穫、農園周囲の整備、花植えなど)や加工作業(麹作り、味噌作り、保存食加工、おやつ作りなど)、動物の世話(豚と鶏の餌やり、犬の散歩)といった作業で手を動かし、「ものをつくる・生み出す」歓びを体に感じてもらいます。気が向かない時や、まだ準備ができない方は、散歩に行ったり本を読んだり絵を描いたり、思い思いに過ごしていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

《一日の過ごし方 サンプル1》

6:00 起床 周辺散歩

7:00 朝食 (ご飯、味噌汁、卵焼き)

午前中:じゃがいもの植え付け作業

12:00 昼食 (魚フライ、サラダ、昆布大豆)

午後:ウッドデッキで読書

   ひろんた村住人とお茶

   夕食用の野菜の収穫

17:00 ペロタ(犬)の散歩

18:00 夕食(イカの刺し身、かぼちゃのそぼろ餡)

 

《サンプル 2》

8:00 起床

8:30 朝食 (パン、オムレツ、スープ)

10:00 テルミー(お灸の一種)体験

午前中は部屋でゆっくり

13:00 昼食(五目ちらし、炒り鶏)

午後:おやつのケーキ作り。みんなでおやつ

16:00 豚の餌やり体験、鶏の卵をとってくる

18:00 夕食(ココナッツカレー、麦ごはん)

 

《サンプル 3》

7:00 朝食 (パン、味噌汁、サラダ)

午前中はぎょうざ製作(ニラの掃除、具と皮作り)

12:00 昼食(ぎょうざ、もやしと春雨のサラダ、中華スープ)

街へ。住人のおばあちゃんに買い物を頼まれる。

いい天気なので海を見て帰る。

16:00 ペロタの散歩

18:00 夕食(自家製ベーコンとキャベツのパスタ)

「テルミー」という一種のお灸による温熱療養は、イチオシのリラックスメニューです。

金具に入った棒灸で体をなでることで、気血の流れを良くしてくれます。ひろんた村の看護師さんはプロの療術師。スタッフの中でも、「困った時のテルミー」として大活躍の療法です。百聞は一見にしかず、どうぞお試しください。

長崎県南松浦郡新上五島町鯛ノ浦郷87−658

Tel: 0959-42-0363     Email: utano@lime.ocn.ne.jp

  • Facebook Social Icon